カードローンの審査でおさえておきたいポイントとは?

カードローンには当然審査があります。すべての人が審査に通るわけではありません。審査は融資したお金をきちんと返済してくれるかどうかを調べるものです。

 

ではカードローンの審査はどんなことを調べるのでしょうか?

 

基本的には申込書に記入したことすべてと言っていいでしょう。勤務先、年収、勤続年数や居住年収などを調べます。さらには、氏名・生年月日・住所・電話番号などからも現在の借り入れ状況を調べることになります。

 

カードローンは銀行系消費者金融系などさまざまな種類があります。銀行系のカードローンは年収を重視する傾向があり返済比率等を重視しています。一方で消費者金融系のカードローンは安定性を重視する傾向にあり勤続年数などを重視するようです。居住年数も審査の対象になっていますが、頻繁に引越しする人は不利になることがあるようです。
カードローンの審査

 

いずれにせよ、カードローンを作るにはやはり働いていて収入があることが重要となります。審査の中でそれを証明するために在籍確認と呼ばれるものがあります。申込書に記入した勤務先に実際勤務しているかを調べることです。在籍確認は通常は電話で行います。電話ではあくまでも担当者の個人名で電話がかかってきて金融機関名を名乗ることはありません。したがってカードローンを作ることを会社の人に知られることはありません。

 

そして気になる審査時間ですが、限度額にもよりますが、少額のカードローンであれば1時間以内で決済が来るところもあります。銀行系よりも消費者金融系のカードローンのほうが決済が早い場合が多いです。ただし消費者金融系を利用すると車のローンや住宅ローンを銀行で利用するときに印象が悪くなるのでご注意を。

 

一方で銀行系のカードローンは時間がかかる場合が多いです。それは銀行が直接審査するのではなく、保証会社(信販会社)が審査をするためです。しかしスピーディーに決済が出るカードローンもありますので、最寄りの金融機関に相談してみてはいかがでしょうか。

安心・安全、審査に通りやすくておすすめのカードローン

プロミス

初めたの方なら30日間無利息!!※
女性専用のレディースキャッシングがあるから安心
借りたお金の使い道は自由!
WEBから申し込んで即日キャッシングも可能
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

公式サイトへ

アコム

審査回答が早いから急な申込も安心
パート、アルバイトでも申込可能!
ネットで契約までスムーズに完了
むじんくんなら21時まで受付その場でカード発行!

公式サイトへ

アイフル

魅力的な高い借入れ限度額
WEB完結申込で利用開始がスピーディーに
来店不要でネットで手続き完了!
女性専用申込ダイヤルに“ほっ”。借入初心者でも安心

公式サイトへ

カードローンの審査についてよくある質問をまとめました。

 

カードローン審査のQ&A

Q.勤続年数は関係あるのですか?
A.勤続年数はカードローンの審査上重要なポイントの一つとなっています。同じ会社に長く勤めているかどうかということはとても大事なポイントとなっています。

 

審査をする最大の目的は貸したお金がきちんと返ってくるかどうかということです。きちんと返済してもらえる見込みがあれば承認するし、そうでなければ否認します。勤続年数が長いということは、これからもそのまま勤める可能性も高く安定した収入が見込めると考えられ、信頼性も高まります。

 

逆に勤続年数の短い人は、またすぐやめるのではないかということで安定した収入が見込めないと判断され信頼性が低くなります。通常勤続1年以上あれば問題ないとされていますが、長く勤めていれば信頼性はぐんと高まります。

 

もちろん勤続年数がすべてではありません。勤続年数が長く年収をある程度得ていても、借入が多くては信用はなくなります。勤続年数が長いからといって審査に通るわけではありません。いろんなことを総合的に判断するわけです。しかし、勤続年数が長いことはプラス材料になることは覚えておいて損はないでしょう。

 

Qカードローンの審査にかかる時間はどれくらい?
Aカードローンが人気を集めている最も大きな理由が、そのスピードにあります。

 

カードローンは審査にかかる時間が短いことから、便利でいざという時に使えるという強みがあり、多くの利用者を獲得しているのです。

 

審査にかかる時間が短いとはいえ、各カードローンによって弱冠差はあります。まず、コマーシャルや広告でもお馴染みのプロミスですが、最短30分という速さは他社と比べても郡を抜いています。最短時間で審査が完了するので急を要している人には頼れるカードローンです。

 

また知名度の高いアコムに関しても、事前診断はありますがプロミスと同様に最短で30分程度です。アコムは三菱東京UFJ系列となっていますから、信用度も高く安心して利用する事ができるカードローンです。

 

楽天銀行カードローンアイフルなどでも、即日中に審査が完了するほどのスピードです。

 

対して、銀行系のカードローンは審査にもう少し時間を要します。これは銀行系カードローンの審査が遅いという意味ではなく、消費者金融系のカードローン審査がどんどん最短時間になっているからなのです。

 

消費者金融系のカードローンは審査にかかる時間が最短で、しかも審査基準が厳しいほどではありませんから、手軽に利用できるという点で多くの利用者に選ばれています。

 

どうしても急を要している場合などで、カードローン選びに迷ったら、審査の最短時間を参考に会社を選んでみてもよいかもしれませんね。
カードローンの審査

 

Qどうして落ちた?カードローンの審査ポイントとは
Aカードローンを作るために審査を受けたが落ちてしまった場合、何が原因だったのでしょうか。

 

定期的な収入も見込める、仕事もしているのにといった場合で落ちてしまったのであれば、そこには審査落ちする原因が他にあると考えましょう。

 

まず、複数のカードローンに同時申し込みをしている場合は注意です。カードローンは申し込んだ時点でその情報が信用機関に登録されます。

 

別の会社にカードローンを申し込んだとしても、その情報は同様に登録されることになり、更に審査の上で他社にも申し込みをしているという信用情報が明らかになります。

 

これは金融機関側が利用者の信用情報を共有しているためです。複数社にカードローンを申し込んでいる=お金がなくて困っていると判断されてしまい、審査に落ちてしまうのです。

 

もし複数のカードローンに申し込みを行うのであれば、同時や短期間のうちに連続して行うのではなく、ある程度期間を設けて申し込みするようにしましょう

 

尚、既に複数のカードローンから借り入れを行っているという場合も、審査に落ちる傾向にあります。利用者の収入の3分の1という範囲にとどめた額であっても、カードローン会社からすると返済されないのでは?というリスクを負うことになるからです。

 

また、過去の返済延滞やトラブルについても審査に落ちる要因となります。過去に一度でも返済の遅れがあると、やはりその情報は履歴として残り、金融機関の共有する情報となります。

 

貸付をするカードローン会社としても、返済遅延があるような人はリスクがあると判断し、審査で落とすということにもなるのです。

 

Qカードローンの審査落ち、その原因は何?
Aカードローンに申し込みをしても審査に通らないこともあります。

 

その原因はいくつかありますが、審査で重要視されているポイントをクリアしているかどうかにかかっているとも言えるでしょう。

ずカードローン会社が審査で見る項目となるのが、申込者の年収、勤続年数、そして居住年数の3点です。

 

年収の基準は200万円を一つの判断基準としていますが、こちらに関してはカードローン会社によって異なります。

 

勤続年数や居住年数についても3年をメドとしていますが、こちらもローン会社によって審査基準はまちまちですが、これら3つのポイントがどれも満たされていない場合は審査に落ちてしまう可能性が高いと考えられます。

 

次に審査落ちしてしまう原因として、申込者の信用情報に問題ありと判断された場合です。

 

例えば過去の借り入れ履歴から、返済の遅延が何度もあったり、滞納期間が長引いたりといったことがあれば審査に通りにくくなります。自己破産したことがあるとなれば、もってのほかです。

 

過去の履歴は信用情報として記録されているため、各金融機関で共有できる情報ですから、何か問題があればすぐにわかってしまいますし、審査に落ちる原因となります。

 

そして、申し込みに不備がある場合も審査に落ちてしまいますから、注意して書類を作成したり、入力したりしましょう。

 

記入している住所に誤りがあったり、誤字や脱字がひどい場合もその対象となります。申し込みを確認しながら行うことは基本中の基本ですが、実は意外とこの時点でミスをして審査に落ちてしまうという人も少なくないのです。

 

申し込みに記入した情報は、カードローン会社にとっての信用情報となりますから、誤りがあれば融資することができないというのは当然かもしれませんね。

 

カードローンでお金借りる前に考えておきたいこと

カードローンとは金融業者にお金を貸し付けてもらい、そのお金を借りる=借金をするということです。

 

融資限度額の範囲内なら、何度でも引き出せるため、借金をしているという感覚が薄れてしまう人も中にはいます。また、カードローンを初めて利用する場合、本当にその必要性があるかどうか今一度考えることも大切です。

 

カードローンはどうしても現金が必要で、急を要している場合の時のために使うものです。また借金をするということは、返済の義務を背負うということにもなります。

 

できることなら借金をすることなく日々を過ごしていきたいものですが、どうしようもない時もあります。ただ、そんな事態に陥ったとしても借りたら返す、無理のない返済ができる分のみを借りるように留意しておくことが大切です。

 

カードローンの審査でおすすめのところはここ!

  おすすめ順 実質年率 融資限度額 審査結果 総量規制
アコム 4.7%〜18.0% 1万円〜500万円 最短30分 対象
アイフル 4.5%〜18.0% 1,000円〜500万円 最短30分 対象
楽天銀行カードローン 4.9%〜14.5% 1万円〜500万円 最短30分 対象外